子供の習い事に水泳をおすすめする4つの理由

皆さんお疲れ様です!
「え?めちゃくちゃ疲れてるですって?」

そうですか、私は全然疲れてません!

そう、今日は5歳~12歳まで水泳を習っていて体力が余ってる私が3歳の子供に水泳を習わせてるわけをお教えします。
ホントおすすめ!

体力がつく

まず皆さんもお気づきだと思いますが、単純に体力がつきます。
それも全身運動な上に心肺機能まで鍛えられるというオマケつき!

他の運動系の習い事だとどうしても筋肉のバランスが偏りますが、水泳は全身バランスよく鍛える事ができます。

それと一番親が心配するのが習い事中の怪我ですが、水泳の場合は転んだり足を捻ったりという事もなく、様々なスポーツの中でも最も怪我が少ないと言われています。

実際に私も長年水泳をしてましたが、怪我をしたことはありませんでした。

ちなみにうちの息子は2歳から親子スイミングというのに通っていて週一回私が一緒に入ってます。

水泳を始めて体力がついてきたのか、この一年で一回しか風邪をひきませんでしたし、ひいた時も1日で治してました。

私の妻はいつも会社の同僚に「有給全然使ってないけど子供風邪ひかないのー?」とよく聞かれるので、水泳をオススメしてると言ってました。

実際に妻の友人が羨ましがって通わせたところ半年くらいやってたらホントに風邪をひかなくなったそうです。

メンタルが強くなる

これは他の習い事にも言える事だと思いますが、どんどん挑戦する気持ちが生まれます。

子供なりに周りを見て負けたくないと思うのか、「ボクもやってみるー」と少し大きいお兄さんやお姉さんのマネをしてみたり、自分から何かやってみようという意志が出て来ます。

子供は同じくらいの歳の子がやっていることであれば「あっ、ボクもあれなら出来るかも」と思うので自分からやってみるチャレンジ精神が養われやすいということですね。

なかなか親だけと遊んでいると「出来ること」の差がありすぎて、「あれやって、これやって」と自分でやってみようという気が起きないものです。

近い年齢の子供がたくさん周りにいる事がとてもいい影響を与えてくれます。

メンタル面の成長が期待できます!

私も結構負けず嫌いで小学生くらいになるとクロールのスピード競争とか、どれだけ息を止めてられるかとかよくやったものです。

頭が良くなる

これはテレビで見た記憶があったので再度調べてみたのですが、東大生の6割が水泳を習っていたとの事です!

これって水泳を習い事にしてるやつの絶対数が多いだけじゃねーの?って思ってたんだけどそれだけじゃないみたいでした。

実は子どもの神経系の発達は3歳がピークで、この時期に水の浮力を使って体を動かすことは、脳の空間認知能を鍛えることにつながるそうです。

つまり空間認知能を鍛えられるので算数の図形問題が得意になるなど、脳の発達にも良いということでした!
文武両道とは正にこのこと!

大人になってからもお得

水泳をやって泳げるようになると「体を鍛えなおそうかなー」とか「ダイエットしようかなー」と思った時の候補になります。

泳げない人はわざわざ泳ぎ方を習得してまで水泳で痩せたり鍛えたりはしません。

一度泳ぎ方を覚えてしままった人は自転車と同じで、しばらく泳いでなくても簡単に泳げますので大人になっても鍛える時に選びやすいです。

私も大人になってから鈍った体を元に戻そうと水泳とマシンとプロテインのコンボでゴリゴリに鍛えました。

さあ、どうでしたか?

すごくないですか?体も心も頭も鍛えられる上に怪我をしにくいなんて他のスポーツではなかなか考えられないですよね!

お子さまも大きくなったらきっと通ってて良かったと言うに違いありません!

さあ、早ければ早いほどいいですよ!
今すぐレッツスイミング!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする