ハンターハンター風 嫌われる能力者

こんばんは!
突然ですがあなたの会社や学校にもいますよね、自分では気づいていないかもしれないけど嫌われている人。

今日はそんな人たちをハンターハンター風に紹介していきます!

気を付けてください、みなさんの中にも気づいてないだけで念能力者がいるんじゃないですか!?

あなた自身が念能力者でない事を祈ります。

カスタマーイズゴッド(お客様は神でしょうが)

普段は大人しかったり怒らないタイプの人間かと思いきや、ファミレス、居酒屋、スーパーなど、基本お客様には逆らえない立場の店員や会社で言えば立場が下の取引先の営業マン等には異常に強気に出る事が出来る!

ただ、店員等弱い立場の人間限定の能力なので食事や飲み会、買い物以外で会う時は能力の発動をしない(というか出来ない)ので相手は能力者だという事に気づかない。

普段は「絶」の状態である。

私の友人にも何名かいるので「やめろよダセーから」とか「お前も言われたら嫌だろ!?」と言ってみたが

「だって俺じゃねーから」

と客観的なものの見方が皆無なのはこのタイプの能力者には多い。

このタイプは色々と拗らせているので対処の仕方が難しく感じる。

ネットベンケー(俺のお口は二枚舌)

直接会うのとネット上では言う事が全く違い、「多重人格なんかーこいつは!」と思わせる面倒な能力者。

顔が見えないから何言ってもいいや、という精神的の元だんだん発言がヒートアップしてくるようだ。

発動条件はネット環境を整える事だけである!

私の知り合いにもいるが、会うと何も話さないのにネット上では盛大にパーティーを開くとか言っていたので面白半分に参加したら参加者がそいつ含めて2人しかいなかった事がある。

「おい!これパーティーじゃねえじゃん!!パーティーじゃねーじゃん!」と大きい声で二回言ったが案の定黙っていたのでビックリした。

不思議なのはいくら文句を言ってもネットで強気なのを辞めないことだ。

この能力の攻略法は相手にしないのが一番なような気がする。

ドランクドランカー(迷惑酔いどれ野郎)

制約と誓約を両方取り入れてる強力な能力者。

制約はアルコールを取り入れなくては発動出来ないという事。

誓約は使い過ぎると「γーGDPの上昇」「人間関係の崩壊」「会社解雇」「記憶の消去」「警察のお世話」など合併症をおこす。

つまり個人的にも社会的にも「死ぬ」という事だ。

しかし発動する事で周りを気にせず自分だけは一番気持ちよくなり、普段の10倍気が大きくなるり、自分は最高だと思い込むことが出来る。

とても厄介な能力で、飲めば飲むほどオーラが増してくる。使い方次第で周りの人間関係をメチャクチャにしたり直接危害を加えてくる事もある。

私の友人にも数名いるが、「同じ話を何回もする」「知らないやつをぶん殴る」「ワンカップのビンを投げる」「木と話してる」などかなりの使い手もいる。

私はどうせ翌日には記憶が消去されるのを知っているので草むらに背中から放り投げたり言いたいことを言って楽しんでる。

翌日「なんか背中が痛い」とか言っているのを見て、ホントに覚えていないのでやはりかなりの使い手だと確認できた。

この能力は私には通用しない。

オリエンタルレイディオ(口を開けば武勇伝)

この能力者は基本的には「俺が若いときは」と始めに口にするだけで能力の発動が出来るのでお手軽である。

特徴としては昔ほんのちょっとだけ不良っぽい感じを出していたマイルドヤンキーのようなやつが多く

「ここ刺されたんだ」

「10対1でも負けなかった」

「よく警察のお世話になった」

などと聞いても無いことをガタガタのたまって満足そうな顔をする。

私はあの顔が世界で一番嫌いだ。

そもそも自分が武勇伝ばかり聞かされたらどうなのかを考えられない自己中な能力である。

人の時間を奪って、精神的にもかなりのダメージを与えてくるのでかなり厄介な能力だ。

対応の仕方としては上手いこと逃げるか「その話よく聞く!みんな同じような事いうね!」などと言って恥をかかせるともうこちらには寄って来ないだろう。

私は相手によって対応を変えている。

いかがだったでしょうか?

これを見て身に覚えがある人は気づかない間に嫌われてないか気をつけて下さい。

周りにこういう人がいるのであれば直接教えてあげて下さい、その念能力を除念できればもしかしたらいい人になるかもしれませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする