今さら人に聞けない!葬式(通夜・告別式)のマナー

どうも、前職葬儀屋です!
今回は葬式に参列するにあたって注意しなくてはならない点、知っておきたい事をフランクな感じで伝えていこうと思うよー。

葬儀のマナーって色んな本やサイトで見るけど堅苦しくて頭に入ってこないんだよねー!(当たり前か!)
少しでも役にたつといいなー。

じゃあ早速ざっと項目を並べていくねー!

亡くなってすぐに知らせを受けた時

基本的にはよっぽど親しい人でない限りはそんなに連絡を受ける事はないと思うんだけど、逆に言えばすぐに来てほしいって事なんだよね。

連絡を受けたらすぐに行くのがベストだね!
ちなみに服装は普段着とかスーツでオッケー!

アクセサリーとかは外した方がいいかも、気にされる方もいるからねー。

香典とか供物は通夜・告別式に参列したときでいいのでお悔やみの言葉をかけてあげてね。

遺族の方はホントに辛いし疲れきってると思うから「お手伝いできる事があれば」と声をかけてあげるととても良いですよ。

あと、故人の顔を見てやって下さいと言われたら必ず見てあげてね!

あまりある事じゃないからテンパってどうしたらいいか分からなくなると思うけど、顔は見るつもりで行ったほうがいいよ。

供花・供物を送る方法

遺族が故人の意志でとか言って辞退することがあるんだよね。

その場合は無理に出そうとしない方がいいね、気を使っちゃうから。

でも基本的には葬儀社で取りまとめてる事が多いから葬儀社に連絡して頼むのがほとんどかな。

供花・供物は連名、つまり何々一同とかで出す事も結構あるので参考にしてみてね。

通夜・告別式でのマナー

通夜・告別式は大体開式の15分~20分前に着いとくのがベストかな、早すぎると準備が出来てない&遺族に気を使わせちゃうからね。

まあ遅れても通夜中ならお焼香あげられるので焦らなくても大丈夫!

会場に着いたら記帳をして受付をするのが一般的なんだけど、受付する時に香典を渡すのを忘れないように。

ちなみに告別式も参列するなら香典は通夜の時だけでオッケー!

焼香は坊主が読経始めてから少ししてからなんだけど、葬儀社の司会者が案内をするから安心してね!

ちなみに遺族→親族→一般参列者の順番で焼香するよ。

焼香は基本的には自分の宗派の方法でするんだけど知ってる人ってほとんどいないよね。焼香の方法どころか自分の宗派すら分からないはず。

でもね、気持ちがこもってれば焼香の回数や方法なんて関係ないんだよ。って前職の上司が参列者に言ってた!

まあ一応書いておくね。

宗派による焼香回数の違い

宗派 焼香の回数
天台宗 1~3回
真言宗 3回
浄土宗 1~3回
浄土真宗本願寺派 押しいただかずに1回
真宗大谷派 押しいただかずに2回
臨済宗 1回
曹洞宗 1回目は押しいただき、2回目はそのまま落とす
日蓮宗 とくに決まりはないが3回が多い

結構適当なんだよね。
押しいただくってのは「あれ?あいつ灰食べてるのかな?」みたいな感じのあれ!

とにかく気持ちがこもってればいいと思う!

通夜振舞い・精進落とし

通夜振舞いってのは通夜式が終わったあとの食事なんだけど、これは遠慮しないで一口だけでもいいから食べたり飲んだりしたほうがいいね。

あれ残ってもどうしようもないからね。勿体ない!

遺族の方が「みんな遠慮してあまり食べないですね」って残念そうにしてるのもよく見ました。

あと長居は禁物だね、遺族の方達は心身共に疲れきってるから早く休ませてあげてね!

次に精進落としは告別式のあとの食事の事なんだけど席は案内されるはずなので心配なく。

献杯ってのがあって食事の前に故人に杯を捧げるんだけど、グラスに酒注いで遺族が挨拶して「献杯」って言うんだけど勢いでやりそうだけど乾杯したり拍手は絶対にしないように!

白い目で見られるよ!

出棺・火葬

出棺は告別式終了後でそのまま火葬場に行くんだけど、霊柩車が出発する時に合掌するのを忘れないように。

火葬場へは基本的には遺族・親族が行くんだけど頼まれたりとかどうしても行きたい時は事前に遺族に許可を取って行くようにしてね!

故人が火葬されている時に精進落としをするパターンが多いのでお弁当の数が合わなくて迷惑をかけてしまうので。

火葬場では棺が火葬炉に入るときは遺族親族より前に行かないように。

あと骨上げは遺族の後にするように!骨上げって箸渡しでやるやつね。

まあ何にしても遺族の立場にたった行動が出来れば満点だね!

通夜、告別式の服装が気になる方はこちらへ!
いい歳して常識がないわね!と言われない為の通夜・告別式での服装

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする