ブログを始めて30記事書いてみて思ったこと

ブログを始めて一月半、ようやくこれで30記事だ。

あまり真面目な事を言うのは好きではないが私がブログを始めたきっかけ、ブログを続ける上で大切だと思ったことを備忘録としてサクッと書いていこうと思う。

ブログを始めたきっかけ

私は飽きっぽい性格だ。

基本的に何でもやってみるという精神こそ持ち合わせているがすぐに飽きる。

ボルダリング

ギター

植物いじり

キックボクシング

釣り

スノボ

とにかく何でもすぐに飽きる!本を買ったり何回かやったりはするんですけどね。

楽しいは楽しいんですけどハマらないんですよねー!

何をやっても長続きしない!

私は休日友達と遊んだりメシ食ったりするのが好きだった。

幸いにも友達には恵まれていてみんなよく遊んでくれた。

でも大人になると結婚して子供が出来て、なかなか時間作って遊ぶのは難しくなってきた。

私にも子供はいますが、夜は早く寝てしまってする事がない。

「あーあーなんか趣味が欲しいなあ!」

というところに知り合いが、

「ブログって稼げるし書くの好きなら楽しいはず」

と言ってるのを聞いて「え!稼げんの!?」と思い、何でも一応やってみる私は、何も分からないのにとりあえずブログを始めたのである。

マイペースではあるがもう1ヶ月半続いている。

私にしては大したものだ!

ちなみにエックスサーバーもワードプレスもスマホで申し込み、この30記事を今もスマホで書いている。

アンドロイドさいこー!

ブログを続ける上で大切な事

とにかく楽しむ

ブログを作り始めた時はおそらくとても楽しく、「何書こうかな」なんてみんなウキウキしていたと思う。

しかし「1日1記事書くぞ」「完成度が低いな」などと少しずつこだわりが出て来てしまうのだ。

そうするとどうしても時間がかかって足りない分を寝る時間を削ってでもやってしまう。

でも大丈夫だ!

よく会社の同僚とかが「海外ドラマの続きが気になって3時まで見ちゃったよ」とかいうけどその日の仕事、何とかなってますよね。

それって楽しかったから大丈夫なんですよ。

趣味ってそういうものですよね。

仕事が夜中の3時まであったらキツいけど同じ時間まで楽しいことをしてるなら大丈夫!

なので楽しめてさえいれば、眠くてもお腹痛くてもへっちゃらなのだ!

Twitterをやる

ブログをやるならTwitterやったほうがいいって聞いたからとりあえずやってみた。

Twitterからブログをやってる人を探したり、フォロワーの多い人のブログを見てみたりするだけですごく勉強になる。

積極的に絡んでみると結構みんな反応をくれてとても嬉しい。

ブログを更新した事をツイートするととりあえず読んでくれる優しい人もいるのでやる気が出てくる!

ブログのノウハウなんかも興味があるが、ちょっとまだ時間が割けないのと頭が付いていかない感じなのでとりあえず知っておくだけでもいいとしよう!

超絶初心者にいきなり全部やる事は無理なのである!

他人や他人の言う事を気にしない

「自分は自分、他人は他人」

これだけは明確に思っていなくてはならない!

この情報が溢れる世の中、他人の言ってる事を気にしていてはメンタルが持たないだろう。

誰々が月に何PVだとか、いくら稼いだとか、あいつのやり方はダメだとか。

そんなもんは自分には一切関係ないので犬にでも食わせとけばいいのである。

犬に悪いけど。

別に自分は損も得もしないので気にしないのが一番だ!

「そうなんだ!すごいなあ!」と思ったり言うくらいでちょうどいい!

多少の尊敬くらいはしても、比べて嫉妬するなんていうのはナンセンスである。

上を見ても下を見てもキリがない。

比べるなら以前の自分と比べてマシになってたら喜ぶといい。

その方が前向きになり、やる気も出る!

私は「みんな違ってみんないい!」を信条に生きている。

同期を作る

同期を作るのは超絶おすすめだ!

私はTwitterに同期が40名ほどいる。

かないさんが声がけをしてグループが出来たので、そこで情報を貰ったり意見交換をしている。

はっきり言ってメチャクチャ助かっている!

デザインやら何やら全くの無知な私にみなさんは丁寧にブログの事を教えてくれる。

きっと同期がいなかったら20記事の時に飽きがきていただろうと思う。

とにかく同期の人とグループを作るのはメチャクチャおすすめだ。

私にとってはホントに絡みやすく、自慢の同期だ。

同期を作るのは間違いなくブログが長続きするきっかけになるだろう。

次は50記事くらい書けたらまた考え方変わるかもしれないので、また書いてこの記事(過去)と比べてみたら面白そうだなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする